2013年10月24日

【2013秋冬販売用スタイA】

13102401.jpg

男児用も一枚作っておきました。
隣のは左右のえりの柄を変えてみました。
posted by 20インチ at 05:00| 過去日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

【2013秋冬履き物作り開始】

半年ぶりぐらいかな、室内履き作りました。
あまり期間が空くと下手くそになっちゃうんで。
今度くる冬の間に一回出店するのが目標です。

13080801.jpg

私の好きなブラックウオッチ系統と、
私には珍しい紫系。
紫は貴婦人っぽさを出してみました。

汗をかきながら、冬をイメージして生地を選ぶ
ってのはなかなか慣れませんが、
次はウールを組み合わせて作ります。
posted by 20インチ at 23:00| 過去日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

【憧れの3児の母の】

一歩手前、2児の母に無事になることができました!

母子ともに元気です。
一人目と二人目では妊娠中の経過があまりにも違って、
今回はとても快適でした(一時尻は腫れたけど)。
そして出産はバースプラン通りにはいかなかったけれど、
一人目と比べれば随分楽でした。

特に、どこで出産するかについては、
人より多く調べたという自負がありますので、
いずれ書き残しておくつもりです。

けど、その前に育児に集中しなければ。

育児への苦手意識を少しは改善できるよう、
色んな育児方法を試してみようと思います。
お二人さん。実験好きのおこりんぼうの
私なんかの元に産まれてきてくれてありがとう。

おい一人目、不公平を感じた時は挙手するように。
私も反省しますから。

おい二人目、入院中はべったり優しい母でしたが、
今後はそうはいかんぞ。
猫に踏みつけられるかもしれんし覚悟しておくように。

おい旦那、出産の立ち会いに関しては、
二回ともかっこよかったわー。
次もよろしくお願いします!

以降、書きだめしておいた記事を少し載せた後は、
しばらく更新を控えますね。
posted by 20インチ at 11:00| 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅E

今日が最終回。ハワイ3日目の夜から帰国までを。


―――07.04.15(日) ハワイ―――

21:05 脱落者がDFSに戻ってくる
ホテルで40分ほど仮眠した彼は、約束の時間になんとか戻ってきました。
DFSは初日に化粧品を買ってるので、私は用がないのですが、
ご主人様は、誰かと誰かの土産にポロラルフローレンの服を買わなきゃいけない、
とかで、お土産選びに同行しました。
最終日の夜に、何でこんな店に…という気持ちもありましたが、
この後、私だけが行きたい店に皆を連れて行くということもあり、
ブーブー言わないよう心がけました。

21:50 えぞ菊でラーメンを食べる
そういえば、ハワイに着いた時、旅行会社の人が『ヌードルクーポン』
(指定された店<ラーメン・パスタ・そば屋等>の指定時間内なら、
ヌードル1杯がタダになるというクーポン。1人1枚与えられた)
ってのをくれたけど、使わなかったね、もったいないね…
という話をしていたのですが、22時までなら『えぞ菊』ってラーメン屋で、
ヌードルクーポンが使用できることが判明。
ちょっと小腹がすいた私たちは、テキパキと土産を選び、
早足にえぞ菊に向かいました。
ギリギリ間に合った私たちは、しょうゆラーメンと味噌ラーメンを注文。
ここでも2杯のラーメンを3人でシェア。最後までシェアを守り通しました。
私は、別に食べたいものがあったので、味見程度に口をつけたのですが、
予想してた以上に美味しくてびっくりしました。

23:10 エッグスンシングスへ
私があまりラーメンに口をつけなかったのは、
最後の最後に食べたいものがあって、
それがEggs'n Thingsという店のパンケーキ及び持ち帰りの粉です。
常に行列、大人気!らしいので何としてでも手に入れたいものです。
私以外の2人は「パンケーキってホットケーキやろ?そんなに味ちがうかー?」
と興味なさげなのですが、お店がホテルからかなり遠いことと、
23時からの営業で、1人でお店に行くのは危険すぎるということで、
皆についてきてもらいました。

日曜の23時を過ぎると、大通りを歩く人の数はガクンと減り、
暗闇に溶け込んだ肌に大きなTシャツの、怖そうな黒人とすれ違うたび、
私たち3人の顔と体は硬直しました。

エッグスンシングスは、大通り沿いにあるのに、
やや存在感の薄い、少し暗めの照明のお店でした。
情報では、この店は常に込んでいるということだったのですが、
訪れた23時は、店が開店した直後の時刻だったためか、
席は半分ほどしか埋まっていませんでした。
また、お客様の大半は日本人のようでした。今回の旅は、ハワイだというのに、
何故か日本人がたくさんいるシーンにお目にかかれることがなかなかなく、
いつも心細い思いをしていたので、日本人のみんなに抱きつきたくなりましたが、
ここは我慢して、持ち帰りでパンケーキ1人前(パイナップル味)と、
パンケーキミックス(粉のこと)2袋を買って帰りました。

帰り道、酔っ払いの白人にフラフラと近寄られて怖かったです。
海外の夜道は3人で歩いても怖い。

24:00 ホテルに戻る
ホテルに戻ると、私はパンケーキのフタを開けました。
すると、5枚の容赦ない大きさのパンケーキがドーンとお目見えしました。
パイナップル味というのは、パイナップルエキス注入というのではなく、
刻んだパイナップルが生地に埋め込まれてるというものでした。
正直、見た目はいまいちです。
「みんなー、パンケーキ多すぎるから一緒に食べてやー」
と皆を誘いましたが、
「えー、いいわー」
とあっさり断られました。
この数日間、2枚の肉を3人でシェアしてたというのに、
最終日の深夜に5枚のパンケーキを1人で食うなんて酷すぎます。
頑張って2枚は食べましたが、パイナップルがある部分より、
ない部分の方が美味しくて、付属のシロップも、
メープルシロップ以外は、不気味なピンク色の不思議な味だったりして、
普通にプレーン頼んだ方が美味しかったわ…と後悔しました。

01:00 荷造りをはじめる
ゲフッと言いながら、パンケーキを2枚食べ終え、辺りを見回すと、
みんなは荷造りを始めたり、お風呂に入ったりと、
翌朝のための準備を着々と始めていました。
私も急いで荷造りを開始。
お土産が全然鞄に納まらなくて半泣きになりましたが、
妹の鞄に少し空きがあったので、そこを使わせてもらうことになり、
なんとかなりました。1時間以上かかりました。

02:30 就寝
私が荷造りを終えた頃、皆はお風呂を済ませていて、
次々とベッドの中に入っていってしまいました。
私はまだ風呂に入ってなかったのですが、私もベッドに入って寝てしまいました。


―――07.04.16(月) ハワイ―――

05:00 起床
今日は6時にホテルをチェックアウトしなければなりません。
5時半起床でも間に合いそうだったのですが、まだ風呂に入ってないので、
私だけ先に5時起床。
風呂から出て身だしなみを整え、チェックアウトまでの間、
残りのパンケーキを少しいただきました。

06:00 チェックアウト
ホテルをチェックアウトしてしばらくすると、お迎えのバスがやってきました。
空港まで連れて行ってくれます。
バスの中では、空港での手続きのアナウンスが流れていました。
おねむなのか、寂しいのか、乗客は無言で、めちゃめちゃ暗ーい車内でした。

07:00 空港で最後の買い物
空港に着いたら搭乗券を貰い、手荷物検査などを受けた後、
出発ロビーで買い物などをしました。
私はひとまず、残り物のパンケーキを食べました。
捨てるのがもったいなくて、空港まで持って来ちゃいました。
ベージュのしわしわのビニール袋に入れたものを、手に提げていたのですが、
普通に手荷物検査をパスしたので、ロビーでもぐもぐ食べることができました。
最後に皆でシェアしたのでどうにか完食。いやー、おいしくなかった!
メニューの選択を間違えた。

ドルが少し余っていたので、グロスを1つと、
スタバのトロピカルティー(?)を買いました。
このティーが激マズで、こっちは2口で捨てました。

09:12 出国
ハードスケジュールの辛い旅もようやく終わり、
もう少しで普通の生活ができる日本へ帰れる…
そう思うと、あまり寂しい気持ちにはなりませんでした。

本当に、運動量と休憩時間のバランスが悪すぎるスケジュールだったので、
帰りの飛行機はおもいっきり寝ようと思っていたのですが、
日本で好きなだけ寝ればいいさ、という気持ちもあって、
映画は2本観ておきました。
ホリデイ』は、キャメロンディアスとケイトウィンスレットが、
休暇の間、家を交換したところ、アイツとアイツに恋が芽生え…
っていう、やったらキャメロンディアスをエコひいきした、
わかりやすいけど、イラッとくるお話。
007カジノロワイヤル』は、007を一度も見たことがない私でも楽しめました。
特に、前半の黒人追っかけっこシーンは手に汗握りました。おもしろかった。


―――07.04.17(日) 日本―――

18:00 日本の時刻に時計を合わせる
行きより2時間ほど長く飛行機に乗っていました。
偏西風ってやつでしょうか?
時刻を日本時間に戻します。
(以降、日本の時刻になります)

13:00 関空到着
疲れたー、疲れたー、疲れたー。
「もう、しばらく旅行はいいわ…」
「ハワイの思い出が『しんどい』しかないな…」
「海でじっとしてた時が一番幸せやったわ…」
と、旅の思い出でなく、旅の疲れについて話し合いながら、帰宅。
帰り道、寿司とうどんを買って帰り(日本人らしい選択)
寿司をちょっと食べて15時ぐらいに寝たところ、
目が覚めたら朝になっていました。よく寝た。

また、我が家では金魚を飼育していますが、5日家を空けていても、
金魚は生きていました。たくましい!
以上!


3泊にしては、ハワイの要所を的確に押さえた旅だったと自負していますが、
それでも後悔する部分が何点かあったので、最後にその話を。
@美容院に行った方がいい
旅先に整髪料をほとんど持っていかなかったので、
写真に写っていた私の髪型がボサボサでした。
写真に残ることを考えると、服・化粧だけでなく、
髪の毛もケアするべきだったなあと思いました。

A英語は喋れる方がいい
いつも後悔することですが、今回も後悔しました。
しかも今回は、一応事前に勉強していったのに、
全然活かせなかったので、結構へこみました。
英語がある程度聞き取れるまでは、海外旅行には行かんとこと思いました。

Bエッグスンのパンケーキミックスはもっと買うべきだった
重くても、もっと買っておけばよかったと後悔。
店で食べやつは、美味しくなかったけれど、自分で焼いたやつは、
粉に牛乳じゃなくて水を混ぜただけなのにすっごい美味しかったです。

Cスケジュールの詰め込みすぎに注意
ハードなスケージュールの中にも、毎日お昼寝の時間を入れておけば、
もうちょっと脳みそがすっきりした旅行を楽しめたと思います。
でも、常に「旅行!旅行!」とか言ってる浪費家を旅行嫌いにさせるための手段として、
ハードスケジュール旅行を計画するのは有効だと思います。

おしまい。
posted by 20インチ at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅D

今日は、ハワイ3日目の話を。

―――07.04.15(日) ハワイ―――

08:30 うちのご主人様だけ起床
レンタカーを返すのが午前9時までなので、彼に返してきてもらいました。
借りたのはホノルル空港でしたが、帰すのはワイキキでよかったので楽でした。
って私が返したわけじゃないけど。

09:15 残りの2人起床
旅人にしては遅い起床ですが、前日寝たのが3時を過ぎていたので、
今日は遅起きしてもいいことになっています。
それに今日はサンデーブランチのサンデーですから。

10:00 ロイヤルハワイアン サーフルームでサンデーブランチ
日曜の朝は遅起きして、豪華なブランチを食べながらゆったりと過ごすのが、
粋な日曜の過ごし方だそうです。
だもんで、私らもサンデーブランチを食べに行ってきました。
ホテルの朝食ビュッフェで評判がいいのは、ロイヤルハワイアン(ピンクのホテル)
サーフルームって店だそうです。平日のビュッフェが$28なのに対し、
サンデーブランチは驚きの$40に跳ね上がります。
今まで私は朝ごはんに4000円もかけたことなんかないので、
これは気合い入れていかないといけませんね。
真面目な私は、前日電話で予約を入れていたのですが、
結局予約してる人も、してないと思われる人も同じ列に並ばされました。
英語が堪能だったら、こんなことにならなかったのかもしれませんが、
喋れないのでおとなしく並びます。
15分ぐらい並んだかな。
地元の人たちも結構来ていて、お金持ちなんだなあと思いました。

07042901.jpg見よ、このディッシュを!
食べ物もさることながら、
食器の磨きっぷりが凄いですね。
食べ物はとにかく豪華でした。目の前で
肉を切ったり焼いたりよそったり。
10ターンぐらいしないと、全てを
食べきれないのではないでしょうか。
しかし私たち3人は、
この旅で「シェア」ばかりしており、
2杯のかけそばを3人で食べるような
貧弱っ子たちの胃は、2ターン目で
早くも満タンになってしまいました…
私なんか1皿目の途中で便意をもよおしてきて、2皿目は鳥肌立てながら食べたし。

そんなわけでメニューの80%を味わうことなく退場。
ああ、本当にもったいない。

11:00 再び車を借りる
しおりでは、自転車を借りて行動することになっていたのですが、
「なんかしんどいね…」ということになり、結局レンタカーにしました。
車種忘れましたが、一番安いランクの車にしたので、
前日のエスカレードと比べれば「あの人、人生転落したんだ…」
と思われること間違いなしなかんじのセダンでした。

11:45 フィッシャーハワイへ
私の調べによると、ダウンタウンのはずれに巨大文房具屋さんがあるそうで、
行っても行かなくてどっちでもよかったのですが、
せっかく車を借りたのでぴゅーっと行ってみました。
そしたら、本当に巨大な業務用文房具屋さんでした。
埃っぽい店内なのですが、オフィス用・子供用・包材・パーティグッズ等、
いろんなジャンルの品があって、私は燃えました。
私がハワイで最も燃えたひとときでした。
スタンプ・紙皿・使い捨てナイフ/フォーク/スプーンセット・変なキーホルダー・
ファイルなどを買いました。

14:00 再びワードセンターへ
1日目にも行ってるのですが、ご主人様が買い忘れたものがあるのだそうで、
ついていきました。
私はその間ホノルルクッキーカンパニーでお土産のクッキーを買ってました。

15:00 再びアラモアナセンターへ
1日目にも行ってるのですが、あの時は2時間しか店をまわってなかったので、
それぞれ心残りなことがたくさんあり、行ってきました。
私はロングスドラッグスに行って、カラフルなパッケージの、
スポンジやアルミホイルなどを購入。

16:30 ハワイのセゾンデスクへ
この時クレディセゾンさんは、セゾンカードで$100使うごとに抽選ができる、
というキャンペーンを行っていたため、抽選に行ってきました。
結果、30枚入りくらいのホノルルクッキーカンパニーのクッキーが当たりました。
わーい、日本に帰ったら自分用に食べよ!
と喜んでいたのですが、日本に帰ったらあの同居人のやつが、
「あ、この人のお土産忘れてたわ。このクッキーちょうだい。」
とか言いやがって、思わず「しねっ」と叫びました。

17:00 車を返却
もう車は必要なくなったので、車を返しました。
次の日の早朝には帰らないといけないし。
で、一回ホテルに戻って買ったものを部屋に置いてきました。

18:00 チーズバーガーインパラダイスへ
しおりでは、ミッシェルズっていう海辺の高級レストランで、
夕日に旅の思い出を語りながらディナーを食べることになっていたのですが、
予定を変更。
まだ美味しいハンバーガーを食べてないということで、
チーズバーガーインパラダイスと、テディーズビガーバーガーで、
ハンバーガーをテイクアウトし、ワイキキビーチで食べる、となりました。

で、まずはチーズバーガーインパラダイスへ。
1日目、パブみたいな雰囲気に尻込みして入れなかったお店です。
しかし私たちもハワイ3日目!きっと成長したはず!頑張ってみよう!

入口に立ったら店員さんが近寄ってきたので、持ち帰り希望の旨を伝えると、
店の奥にあるバーカウンターみたいなところへ案内されました。
そこで10分ぐらい待ち続けたところ、熱々のハンバーガーが到着。
ふぅー。

18:20 テディーズビガーバーガーへ
さっきの店から5分東へ歩いたところにテディーズビガーバーガーがあります。
店構えはパブではなくファーストフードで安心しました。
ここも番号札を渡されて5分ぐらい待ちました。
やけに男っぽい声の響く、活気ある店員さんの多い店だったと記憶しています。

18:40 ワイキキビーチで晩飯
手に入れたハンバーガーを抱えて、ダッシュでビーチに向かいます。
日が暮れかけているのです。
なんとか日没を拝むことはできましたが、
日没と同時に、すぐ後ろで地元民が溜まりだし、カードゲームを始めました。
「ヘイヘイ、3人で2人前のハンバーガーをシェアですか?
このスモールストマック野郎どもが…」
なんて絡まれたらどうしよう…とドキドキしました。

で、ハンバーガーの味ですが、どっちもかなり美味しかったですが、
どちらかと言うと、下調べではテディーズビガーバーガーの方が、
人気があるように感じていたのですが、私はチーズバーガーインパラダイスの、
肉の焼き面の香ばしさが気に入りました。
いつも2人前を3人でシェアする私たちですが、
今回は初めて『足りない』と感じました。

19:30 ワイキキの服屋さんをうろうろ
体はくたくたですが、明日帰るってのに寝るわけにも行かないので、
頑張って街を歩きます。
そういえば、あまりワイキキの街を歩いてなかったので、
妹に行きたい店がないか聞いたところ、服屋に行きたいらしいので、
彼女についていきました。
あんまり覚えてないのですが、88teesでの芸能人の写真だけは記憶に残ってます。
つい最近だと米倉涼子さんも来ていたらしいのですが、
一体あの人があの店で何を買うというのでしょう。

20:00 脱落者が出る
そうやってテクテクテクテク歩いていたところ、
「もう俺あかんわ…」という声が聞こえてきました。
見ると、うちのご主人様の目がイッてました。
ホテルで寝たいとのことです。
私や妹は車の中で少し寝たりできたのですが、彼は運転手であるため、
なかなか仮眠が取れず、かなりまいってるようです。
かといって、朝まで寝続けたいわけではないようなので、
21:00にはDFSの前に戻ってくること。と約束して別れました。
残された女子二人は別の服屋に寄ったり、
DFS内のウォーターナントカマシンを眺めて「気持ち良さそうだね」
と喋ったりしてました。


…長文疲れた。残りは次回にします。
posted by 20インチ at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅C

今日は、ハワイ2日目の日没後の話をします。

―――07.04.14(土) ハワイ―――

20:30 レインボードライブインで晩飯
日本での事前調査によると、レインボードライブインのロコモコが、
おいしいらしいので、ノースショアからワイキキに帰る途中、寄りました。
ドライブインは、ガソリンスタンドに椅子とテーブルがあるような店構えで、
日本に帰ったら私でも、潰れたガソリンスタンドを利用して、
ドライブインのオーナーになれそうやなあと思ったのですが、
確実、冬に閉店を余儀なくされると思うのでやめときます。

もともとは、肉や魚を焼いたものに、ごはんとサラダをドカドカのせる、
ワンプレート炒め物メニューを中心として売ってるようで、
ロコモコはサイドメニューとして載っていました。
なので、カップヌードルぐらいの容器に入った、結構小さいものでした。
しかし私ら3人は少食なので、メインメニュー1つと、ロコモコを3人でシェア。
ロコモコはソースの色を見た時は「カレーハンバーグ!?」と思いましたが、
実際食べると、グレービーソースだっけ?カレーとは全く別物で美味しかったです。
一緒に頼んだ焼肉プレートみたいなんも、半端なく美味しかった〜
合計$10でした。激安!ロコモコは$3やし。
前日の$40ディナーは何だったのか…という気持ちになります。
あれはあれで美味しかったけど。

21:15 1度ホテルに戻る
午後に着用していた水着を洗うため、いったんホテルに戻りました。
まだ車で夜遊びするつもりなので、シェラトンプリンセス用の、
1泊15ドルぐらいで自由出庫の駐車場に車を停めます。
なかなか見つからなくて苦労しました。
で、ホテルに戻ってからは順番に水着を洗って干して、
寒くなってきたので服を着替えて、剥げた化粧を補修…などしてました。

22:00 ナイキタウンに行く
ここからは、車でワイキキ周辺のお店をウロウロします。
まずはご主人様の要望でナイキタウンへ。23時閉店なので急ごー!
としたら、思わぬところで足止めを食らいました。
駐車場の出口のおばさんです。
「1h停めてたから$6ね。」みたいなことを言われたのですが、
私たちとしては、深夜にまたここに戻ってきて朝まで車を置いておくので、
『その都度代金支払いコース』じゃなく『定額出し入れ自由コース』
で駐車場代を払いたいのです。
でも、出口にはそういうことが書かれた紙が貼られておらず、
『出し入れ自由コース』って英語で何て言うんさ…
と悩んだ私らは石のように身を固め、貝のように口を閉ざしてしまいました。
しかし日本男児のうちのご主人様は何とか伝えようと、
「I’ll be back!」
と何故か斜に構えて発言。よほど気持ち悪かったのか、
出口のおばさんの目つきが急に鋭くなってしまいました…
しかし身振り手振りを交えてI'll be backを連呼したら、
どうにか理解してもらえたようで、出し入れ自由の権利を獲得!

…こいつ、ターミネーターや!と思ったら、笑いが止まらなかったです。

ナイキタウンでは、結局何も買わずに閉店時間を迎えました。

23:30 ドンキホーテへ
次は深夜営業しているお店を回ります。
アラモアナにあるドンキホーテへ。
日本のドンキホーテより随分通路が広くゆったりとしてますが、
雰囲気は全く一緒でした。
ぐるーっと一周しただけで特に何も買わず。

にしても、23時をまわるとたいぶ街の雰囲気が変わりました。
ドンキホーテや、この次に訪れるウォルマートは細い道に囲まれた場所にあるので、
余計にそう思えました。
店の中に入ってしまえば大丈夫ですが、駐車場や路上の車内では、
なんか怖い空気(おばけじゃないよ)が出てる気がしてドキドキドキドキしてました。

24:30 ウォルマートへ
ドンキのすぐ近くにある、こちらも24h営業のウォルマートに行きました。
ここでは、お土産とがらくたをおもいっきり買おうと決めていたので、
かなりじっくりと店内を回りました。
深夜だし、携帯持ってないし、英語喋れないんで、
外国人にさらわれたりしないよう、3人が目の届く範囲にちらばりながら、
店内を移動してたのですが、男と女では興味のあるゾーンが全然違うので、
待たされたりせかされたりと、結構ストレスがたまりました。
スポンジ・紙皿・紙コップ・ハンドソープ・フロス・歯磨き粉・ナプキン・差し歯・スタンプ
お菓子・はちみつ・スパム・しょうゆ(←容器がかわいい)・マヨ…
などを買いました。ただの買出しですね。
パッケージが英語で色がカラフルだったので、何でもかわいく見えました。
結局深夜の2時半までいました。
最後は頭がぼやーっとしました。

03:30 就寝
フラフラになりながらホテルの駐車場に戻り、順番にお風呂に入り、寝ました。
この日も疲れまくって爆睡。


他人の旅行記なんか読んでもつまんないでしょうが、たぶんあと2回は続きます。
posted by 20インチ at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅B

今日は、ハワイ2日目の日が暮れるまでの話をします。

―――07.04.14(土) ハワイ―――

07:30 起床
前の晩はそこそこ早い時間に寝たので、普通に起きれました。
今日は車を借りて、ノースショアという北の海岸へ遊びに行くので、
水着の上にお洋服を着て出かけました。

08:15 スパムむすびを買ってワイキキビーチで食べる
ハワイに来たら、最低1個はスパムむすびを食べることになっていたので、
どこのスパムむすびが美味しいのか、あらかじめ調査したところ、
セブンイレブンの人気が高いので、ホテルの近くのセブンイレブンに寄りました。

07042601.jpg
で、アウトリガーの近くだったかな?
ワイキキビーチでほおばったのですが、
ホテルからセブンイレブンまでの道のりや、
セブンイレブンからビーチまでに、
意外と時間がかかってしまい、
30分も時間が押してしまいました。
だから30分間ビーチでくつろぐ予定が、
3分間で海を眺めつつ、スパムむすびを胃につめこむっていう、
忙しい日本の朝の食卓みたいになって、とにかくせわしなかったです。

09:06 The Bus(ルート20)に乗る
なんでこんなにせわしないのかというと、
車を借りるのにホノルル空港に行かねばならず、
空港行きのバス(トロリーとは違う、地元の人が使ってる有料のバス)は、
30分間隔でしか運行してないようなので、
できることなら乗り遅れたくなかったからです。
で、サラトガカラカウアの交差点近くにあるバス停から乗車。

10:10 ホノルル空港で下車
どんだけ停留所あるねんっ、ってくらい何度も停車したせいで、
空港に着くのに1時間以上かかったと思います。
そして、空港からさらにレンタカー屋さん(今回はHertz)行きのバスに乗って、
日本でネット予約した書類を渡して…
やっと車を手に入れた☆

自称カーライフアドバイザーこと、
うちのご主人様たっての希望で、
『エスカレード』って車を借りました。
「英語喋れないから日本でネット予約したい」
「車にこだわりあるから車種指定したい」
「予算は3万円」
って希望をつきつめていくと、車種指定できる高級車を扱ってるのは、
Hertzホノルル空港支店しか見つからなかったので、
ワイキキに山ほどあるレンタカー屋を尻目に、
わざわざ空港までやって来たのでした。
かなり無駄な移動時間だったとも思いますが、
ご主人様が異様に喜んでいたのでまあいいかと。

11:00 モアナルアガーデンへ
「この木何の木 気になる木」のCMの木が、そこにあるらしいので、
見に行く予定だったのですが、道に迷って断念。
旅行中はナビがあればなあ…ってことが多々ありました。

12:00 パールリッジセンターへ
私、英語喋れないくせに、
『日本人観光客のほとんどいない』とか『ロコ御用達』って言葉に弱いです。
このパールリッジセンターも『ロコの集まる大ショッピングセンター』
だったので、寄ってみることにしました。
めちゃめちゃ広かったです。
ここには1時間しか時間が与えられていなかったので、
1Fしか歩かなかったのですが、ほんっとに日本人は少なかったです。

07042603.jpgフードコートがあったのでお昼を食べました。
…と書きましたが、
フードコートがあるのは知っていたので、
ここで昼ごはんを食べることは、
ちゃんとしおりに書いてました。
ほんと、私って真面目でしっかり産!
↑ピザハットのランチ。
チーズが美味い。棒みたいなパンも意外と美味い。
あとは『forever21』って安くてかわいい店でネックレスを買いました。

13:00 ワイケレアウトレットへ
パールリッジから近くにあるのですが、また道に迷ってしまって、
到着が遅くなってしまいました。
本当なら13時にはワイケレを出るはずだったのに!
しかし、ご主人様はこのアウトレットに御用があるらしく、
どうしても外せないというので、ここで45分間自由行動。
私はナインウエストに行ってみました。
ブーツが欲しかったのですが、時期が悪く、そんなものはありませんでした。

13:45 やっとこ北上をはじめる
いよいよ海に向かいます。
内陸部の道を走ってると、途中、ドールプランテーションっていう、
パイナップルのアイスが有名なパイナップル園があるのですが、
時間が押してるので、寄らずに通過しました。
けど、このあたりの道は景色がとても美しく、
しおりには乗ってませんでしたが、思わず途中停車して写真を何枚か撮りました。

14:30 ジョバンニズでシュリンプ
「ノースショアに行くならここでエビ食べなあかんで。」
と友達が教えてくれたのがこの店。non-noのハワイ特集にも載ってました。
かなり北にさしかかったところにある、道沿いの広場に、
簡易の椅子とテーブルがたくさん置かれてあって、
広場の奥には車の屋台が数台停まっています。
その中のやったら落書きまみれの車がジョバンニズでした。
広場には油とガーリックの香りが充満していて、
湧いて湧いてあふれてこぼれるぐらい食欲が出てきます。
「うわぁーい!エビの炒めたやつちょーだいっ!」
って思いながら、笑顔で屋台に近寄っていったら、
「売り切れ。」って言われました。
周りの人は全員もぐもぐエビ食べたんで、
私たちはかなり惜しいタイミングでエビを逃したと思われます。
においはプンプン漂ってただけに、ショックが大きかったです。
肩を落としてその場を立ち去りました。
これから行かれる方、ノースショアには14時までに到着しましょう。

15:00 ハレイワスーパーマーケットへ
ビーチ用の敷物とか飲み物を買うために、ノースショアのスーパーに行きました。
照明が暗かったです。
近くにあるマツモトシェイブアイスは20人以上の行列で、
こんなのに並んでたら、いつまでたっても海に着かないので、やりすごしました。

15:30 ハレイワビーチパークへ
海に着くん遅っ!

07042604.jpgここは押切もえさんが、
首の骨を骨折したことで有名なビーチ。
(もえさん、先日ここを再訪問してましたね)
ビーチには番号を甲羅に書かれたカメが、
海や浜をウロウロしていました。
触ったら怒られます。見るだけ。

遠くの方ではサーフィンしてる人がたくさんいました。
水中眼鏡で水の中をのぞくと、おさかなさんが泳いでいました。
しっかし、予想以上に波の力が強く、足元はやけにゴツゴツしていて、
ちょっとでも気を緩めようものなら、
足の裏が切れたり、水着が破れたり、溺れたりしそうな恐怖を感じました。
春でも波が荒いのですね。
スイムシューズが欲しくなりました。

17:00 着替えて違うビーチに移動
少し日が沈んできたので、次は夕日を見るためのビーチに移動します。

17:30 サンセットビーチへ
いかにも夕日を見るのに向いてそうな名前のビーチにやってきました。
さっきのビーチの近くにあります。
到着すると、既に夕日待ちの人々が点々と砂浜に座っておりました。
また海岸で挙式をあげる外国人カップルもおり、
ロマンティックでしょうがありませんでした。
それにこっちの方が、波がやや穏やかで足元がさらさらなように思いました。
最初からこっちにしとけばよかった。

07042605.jpgやけに太陽が小さく写ってしまいましたが、
きれかったなあ。
そして旅の中で最もゆっくりできた時間でした。
この日は18:45頃日没。
まだぼーっとしてたい気分でしたが、
そうはしおりが許さないので、
てきぱき後片付けをして車に乗り込みました。

日没後の話は、また結構長いので今日はここまで。
posted by 20インチ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅A

今日は、ハワイに到着した日の話をします。

―――07.04.13(金) ハワイ―――

01:30 ハワイの時刻に時計を合わせる
ハワイの方が1日遅いけど、5時間進んでます。
というわけで、時計の針を午前6:30に合わせ、日付は再び13日の金曜日です。
ものすごく長い1日ですね。
(以降、ハワイの時刻になります)

06:31 崩れた化粧や髪形を整える
マスクしてたりネッククッションしてたりで、顔ギト・頭ぺったん子状態なので、
30分かけて首から上の修理を施しました。
あと日焼け止めも塗っておきました。年とると、やることが多い。

07:23 ホノルル空港到着
定刻どおりに空港に着きました。
私が申し込んだパックツアーは、ANAのハローツアーってやつだったのですが、
ハローツアーの場合は、
バス移動→入国審査(家族単位で呼びだされる)→指紋と顔写真を撮られる→
スーツケース取りに行く→到着ロビーでツアーカウンターを探す→
「アロハ」とか言われて、帰りの航空券とかを預ける→
近くにトイレがあるので、急いで半袖に着替える→お迎えのバスに乗る→
バスの中で旅の心得などの説明を受ける→
ホテルのツアーカウンターで更なる説明会→
(トロリーの乗車券とかヌードルクーポンとやらを貰った)→自由行動

というかんじで、晴れて自由の身になれるのは、9時半ぐらいだったかと。
まだチェックインできないのですが、スーツケースは、
ツアー会社が預かってくれました。なのでホテルのフロントで、
「can you keep …アワワ…untilアワワ」とか言う必要もなかったです。

10:00 バーガーキングで朝ごはん
07041701.jpg無駄な動きのないしおり作りのため、
ハワイについてそこそこ勉強した私としては、
ハンバーガーの食事に関し、
マックドナルドは問題外。
日本再進出予定のバーガーキングと、
難波に支店があるクアアイナは食べず、
チーズバーガーインパラダイスか、
テディーズビガーバーガーでしか食べんとこ。
と思ってたので「じゃあチーズバーガーインパラダイス」に行こう!
とテクテク歩きました。そしたらファーストフードじゃなくて、
レストランみたいなパブみたいな、想像してたのと全然違う店構えで、
ハンバーガーだけ買って帰るなんてそうはいかないよっ!
みたいな空気を感じたし、日本人は全然おらんし、
英語が怪しい3人組がワイキキに降り立って、一発目のやりとりがココ…
ってのは、精神的に負担が大きすぎました…
要するに尻ごみしたので、結局その近くにあったバーガーキングで食べました。
ポテトが美味しかったです。

11:00 DFSギャラリアで化粧品を買う
45分間自由行動ってことにして、各自欲しい物を買いました。
しおりに何を買うか書き込んでたので、スピーディにお買い物ができました。

12:00 ホテルにチェックイン
ホテルはシェラトンプリンセスカイウラニっていう、
S/A/B/Cで言ったらBクラスのホテルにしました。
そこそこ綺麗だし、部屋指定なしで予約したのに、
18Fの、少しオーシャンビューの部屋を用意してもらえたのでラッキーでした。
ベッド3台のうち1台は簡易ベッドで、スプリングがやばかったです。
まくらは、ダウンまくらでフカフカでした。おうちの羽根まくらと大違い。

12:30 トロリーでアラモアナセンターへ向かう
しおりにはホテルでまったりする時間など割り当ててないので、
貴重品を金庫に入れたら、何かに追われてるかのように外へ飛び出しました。
そしてトロリーに乗って15分ほど揺られるのですが、
この旅初のトロリーだってのに、全員外の景色を無視して寝てました。
飛行機であまり寝れなかったので、かなり眠いです。

12:45 アラモアナからワードセンターまで歩く
とりあえずアラモアナセンターは無視して、ワードセンターへ突き進みます。
アラモアナでしばらく待ってたら乗り換えのトロリーがやってくるらしいのですが、
徒歩で10分ぐらいだし、せっかくだから歩いてみることにしました。
しかし、眠いわ灼熱だわ日陰はないわで、3人ともゼエゼエ言いだし、
最後、「あともう少しでワードセンターだよ!」ってところで、
アラモアナで待ってたら乗れたはずのトロリーに追い越されて、
涙が出そうになりました…

ワードセンターには全員用があったのですが、
全員行きたい店がバラバラなので、自由行動が多かったです。
私は『エグゼクティブシェフ』っていうキッチン小物の店に行きました。
よそにもキッチン雑貨屋さんはありましたが、ここが一番よかったです。
あとは本屋さんにも行きました。
アメリカ版アイドル雑誌(myojoみたいな)の表紙に、
フォールアウトボーイとかマイケミカルロマンスの作り笑顔が載ってて仰天。

みんな集合してからは『コールドストーンクリーマリー』でアイス食べました。
チップをあげるとスタッフ全員が歌いだすお店です。美味しかった☆
そのアイス屋の近くのスニーカー屋(名前忘れた)も行きました。
ここは私以外の2人が興奮してました。おしゃれでクリーンなお店でした。

15:00 ワードセンターからホテルへ
買い物してる時は、脳内から何かが出てるみたいで眠気はないのですが、
いったん買い物を終え、待ち合わせ場所でじっとしてたり、
移動の道のりを歩いたりしてると、どうしようもなく睡魔が襲ってくるので、
しおりには書いてませんが、1時間だけお昼寝タイムを設けることにしました。
というわけで、爆睡。

16:30 お昼寝終了。起床
1時間寝たらだいぶ違いますね。

17:00 アラモアナセンター到着
と言っておきながら、アラモアナへ向かうトロリーの中で、また寝てました。

まずは晩ご飯。
初日の夜は、アラモアナセンターのメイシーズ3Fにある、
『パイナップルルーム』ってお店で食べることに決めていました。
『アランウォンズ』って高級レストランの妹分という肩書きでも有名ですが、
巨大ロコモコが名物らしいので、どうしてもそれを食べたかったのです。

しかしメニューを何回見直しても「Loco」とか「Moco」って文字がなく、
ロコモコがないんだったら、こんな店、用がないくらいなのですが、
椅子を引いてもらってナフキンをひざに乗せるような店だったので、
「やっぱやめまーす!」って言って帰れる雰囲気でもなさそうだし、
とにかく思ったより高級で、英語だらけで理解できない料理名が多いし、
「どどどど、うしよ…」
って言ってたところで、どう見ても日本語喋れなさそうなウェイターが登場。

仕方ないので怪しい英語で「Do you have locomoco?」と尋ねたところ、
ロコモコはランチのみなのだそうです。
(これから巨大ロコモコを食べにハワイに行く人は注意しましょう)
しかしこのウェイターさんは、かなりお優しい人だったので、
またまた怪しい英語で「What do you recommend?」と質問したら、
「魚は好きかい?」「チキンはどうだい?」みたいなことをおっしゃいながら、
一緒にメニューを決めてくれました。助かったー。
サウナあがり!?ってぐらい汗出たし異様に疲れた…

07041702.jpgそんな苦労の結果がこの3枚。
豆腐とアヒ(まぐろ)のサラダ。
日本のより水っぽい豆腐だったけれど、
おいしい。



07041703.jpgこれは牛肉。
バーベキューソースって言うの?
香ばしくて炭の香りがする。
肉は小さめだったけれど、
柔らかくておいしかった。


07041704.jpgそれに比べてこっちのチキンは、
まるごと1羽のすごいボリュームでした。
このソースも香ばしかった。
チキンの下にはマッシュポテトがたっぷり。

この3品とパンをシェアして食べたのですが、
お腹パンパンになりました。
お代金は$40-くらい。もうちょっと食べたり飲んだりする人は、
$60-ぐらいいくんじゃないでしょうか。

18:30 アラモアナセンターで買い物
みんな服の趣味が違うので、バラバラ行動。
私は『アメリカンイーグルアウトフィッターズ』って店に、
1時間ぐらい入り浸ってたような気がします。
サイズが豊富で服も下着もアクセサリーも何でもあって、
やたら安いので、この時は眠気が吹っ飛びました。

その他いろんな店に行きましたが、どうも高く感じて、
あんまり買わなかったような。
また、今回の旅行は、食費込みでおこずかい10万円で、
そんなんではシャネルとかは到底買えないので、
高級ブランドショップにはほとんど入りませんでした。

21:00 ホテルに戻る
ABCストアで飲み物と、ハイアットの中に入ってる、
『キモビーン』ってコーヒー屋で売ってるパイナップル味のチョコレートを、
自分用とお土産用に1ケずつ買ってから帰りました。
めちゃめちゃってわけでもないですけど、美味しかったです。

23:00 就寝
死んだように寝ました。

とにかく睡魔に襲われて辛かったです。
次回はハワイ2日目、レンタカーで北上する話を書きます。
posted by 20インチ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

ホノルル3泊5日強行スケジュールの旅@

4月にハワイに行ってきました。
ブログに書く気はなかったのですが、日が経つにつれ、
脳みその中にあるハワイの記憶が、今テレビでやってるドラゴンボールの、
再放送の内容に占領されつつあるので、
旅の記憶が完全にDBまみれになる前に、数回に分けて記録することにします。

ホノルル旅行のメンバーは、私と妹と旦那様の3人。
よく3人で遊んでいますが、今のところ妹と旦那様が、
こっそりと手をつないでるシーンなどは見てないので、
今回も大丈夫だと思います。

で、しっかり者で暇人の私は、
みんなの意見と海とドライブと食と買い物と流行と土産の要点を、
3泊の中にぎゅうぎゅうに詰め込んだ、旅のしおりを作成。
しおりは見せませんが、しおりに沿って旅の記憶を綴りたいと思います。

―――07.04.13(金) 日本―――

15:30 関空展望ホール
今から旅立つ我々の胸を高鳴らせるため、
関空から車で3分のところにある、飛行機の離着陸を間近に見れる展望ホールへ。

07041501.jpg平日だからか、展望台には、
私たちを含めて6人しかいませんでした。
すごい暴風で帽子は確実にふっとびます。
離陸待ちの飛行機が並んでる姿が見れて
まあまあ楽しかったです。


07041502.jpg着陸する飛行機の写真が、
上手に撮れない…と思っていたら、
『ビルに衝突する飛行機』
みたいな写真が取れてしまいました。
いやだわー。


展望ホールの3Fに『コンコルド』っていう、
機内食を食べさせてくれるレストランがあるんで、
それを外から眺めて更に気持ちを高めました。
お店ピカピカでした。お客さん誰もいなかったけど。

16:15 関空旅客ターミナル
私たちは自家用車で関空に行ったので、駐車場に車を停めて、
旅客ターミナル2Fにあるフードコートへ足を運びました。

07041504.jpg最近できたか、リニューアルしたかで、
清潔な店内でした。
ここでサラダとビシソワーズ(冷たいスープ)
を食べたのですが、
ビシソワーズは牛乳臭さが抜けてなくて、
くさくてくさくて飲めなかった!
旅の中で一番まずかったです。

「いよいよ、本番だね…」みたいな会話をしてから席を立ちました。

17:15 4F出発ロビー
我々庶民はパックツアーなので、ツアーカウンターで書類等を渡す→
代わりに搭乗券と帰りの航空券を貰う→スーツケースを預けに行く→
代わりにクレームタグを貰う→外貨両替→出発口→手荷物と身体検査→
3F出国審査→免税店で暇つぶし→トイレ→搭乗口。

たぶんこの順番で合ってるはず。この日はやけにすいてました。ほとんど並ばず。

免税店は、シャネルとディオールしか見てませんが、
ハワイより関空の免税店の方が安かった気がします。
関空で買っとけばよかった…

写真撮ったりペラペラ喋ったりしてたら、あっという間に搭乗時間になりました。

19時 出発
乗ったのはANAとユナイテッド?のコードシェア便。当然エコノミーです。
飛行機の中は8割、外国人でした。
右斜めの外国人おじさんは、笑顔なしでやたらこっち見てきて、こわかったー。
写真撮っときゃよかった。

07041505.jpg機内では行きも帰りも、
手始めにこのお菓子が配られました。
しょっぱいクッキー。
おつまみみたいなかんじ。
美味しくはないです。


07041506.jpgで、こっちが機内食です。
ビーフorチキンで、チキンを選択したところ、
ヌードルにチキンがのった、
ベトナムっぽい皿が出てきました。
明らかにビーフの方が美味しそうでした。
帰りの機内食も、
チキンの方が奇をてらってました。
冒険したくない時はビーフを選択したほうがよいと、勉強になりました。
デザートはとても美味しかったです。

あと、飛行機といえば映画ですが、あんまし見たいのがなくて、
ナイトミュージアムっていう、『夜の博物館は怖いゾウ…』という内容の映画を観ました。
しょーもなー!ひさしぶりやわ、こんなしょーもない映画。

また、旦那様が「ビジネスクラス見に行ってみようやー」と誘ってくるので、
一緒に見に行ったら、エコノミーと比べ物にならないゆったり感で、
席は空席ばっかりやし「いいなあ」しか口から言葉が出ませんでした。
ついでにファーストクラスも見に行ってみようとしたら、
フライトアテンダントさんに「席にお戻りっ!」と怒られました。
外国のアテンダントさんは怖い…

次回はハワイに到着1日目の話をします。
posted by 20インチ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

プロジェクトBBを観て

GW用の大作映画が一気に公開される4月28日の前日の夜、
その日をもって公開終了となる、ある1本の映画を観に、
私は夜の映画館へ足を運びました。

それはジャッキーチェンさん主演の『プロジェクトBB』でした。
概要は、ジャッキーチェンと、高知東生を少し寄り目にしたような俳優と、
マイケルホイが、誘拐したYに振り回されながらも、
笑ったり泣いたり暴れたり戦ったりする、アクションムービー、
といったところです。

私はジャッキーチェンさんのファンです。
とはいえ、ここ数年のジャッキーさんの映画はほとんど観ておらず、
最近は、好意的以上ファン未満な立場だったのですが、
私の一番大好きなジャッキー映画『プロジェクトA』とタイトルが似ているので、
今回は映画館へ観に行くことにしました。

最終日のレイトショーだから…か、最終日のレイトショーなのに…か、
どちらが正しいのかわかりませんが、館内の観客は15人。
でもおかげで左右に関しては全く気を遣うことなく、
のびのびと映画を観ることができました。

ちょうど『スパイダーマン3』の公開前だったので、
本編前の予告コーナーにその映画が出てきたのですが、
あまりに迫力ある音、奥行きのある映像、せわしなく動く画面を眺めていたら、
ちょっぴり酔ってしまい、予告の後半は画面から目を伏せてしまいました。
もしかしたら『プロジェクトBB』も観られないかもしれない…
という不安に駆られましたが、BBは同じアクション映画でありながらも、
酔うことなく気持ちよく画面を見つめられる、
平面的な映像だったのでよかったです。

ネタバレはよくないので、ストーリーについては書きませんが、
悪かったところと、良かったところを書いていきます。

悪かったところ
@たぶんこれは、ノーカットで地上波で放映されることはないのではと思います。
なぜならば、かなりリアルなカレー色の汁をつけた赤ちゃん用おむつが
人の顔を直撃するカットが3回ほどあって「うへぇ〜っ」となるからです。
A赤ちゃんは目がクリンクリンで「あんたほんとに東洋人?」なくらい、
めちゃめちゃかわいい顔をしているのですが、
いくら何でも赤ちゃんばっかり出すぎだと思いました。
だったらもっとユンピョウさんの出番を増やしてほしかったです。

良かったところ
@笑えるシーンがいっぱいありました。
特に看護士さんのおうち?に、ほぼ全ての主要人物が集まるあたり〜
〜カーアクションまでのくだりは非常に興奮しました。
Aジャッキーチェンもユンピョウもまだ機敏に動けるとわかってほっとしました。
シワは増えたし、少し体も重そうですが、
お二人とも、頭上にある高さ50cmの隙間にジャンプして滑り込んでいました。
小道具を使ったアクションも健在で、怪しげな小道具が出現する度に、
「どうやって使うのだろう…」と期待が膨らみました。
B高知東生似の俳優さんの頑張りが伝わって、好感が持てました。
若手なのか中堅なのか微妙な見た目ですが、
でしゃばりすぎず、控えめすぎずで良かったです。
CエンディングのNGシーンも健在で楽しめました。
なので、フィルムが完全に終わるまで誰も帰らず、
自分達のマナーのよさに酔いしれることができました。


『昔と変わってない』箇所をたくさん確認できて楽しめたので、
私はまあまあ高い評価をしようと思います。
ジャッキーチェンにしてみれば「昔のままでいて」と吠えるファンに対して、
「ばかやろう、俺だって少しは変わりたいんだい!」
と絶対思ってるでしょうが、しかし、

ジャッキーチェンが、動かない・笑わせない・NGシーンのないエンディングの、
シリアス映画に出演するってことは、
桜井和寿氏が、キャップに・サングラス・大きすぎるTシャツを身にまとい、
「ナントカリスペクト!」ってシングルを出すことぐらい、
望まれていない行動かと。
だからやっぱり昔のままがいいなあ。
posted by 20インチ at 00:42 | TrackBack(0) | 過去日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。